忍者ブログ
ゲームブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我が家には三和レバーの環境がありません。
そこで有り合わせで急遽作ってしまいました!
なんと構想5分、製作時間3時間です。

用意したもの
・SFCファイティングスティック 1個
・その辺にあるLANケーブル 1本
・OBSF-30 6個
・RAP EXから外したJLF-TM-8-SK-K 1個


DSC03268.JPG







製作はSFC用ファイティングスティックをベースにして作ります。
これなら30φのボタンと、ベース金具が付いた三和レバーor平板ベースのセイミツレバーを取り付けることが出来まのでベースに持って来いです。(※一部レバー取り付けに問題あり、問題なく載るのは平板三和レバーの構成のみだと思われます)


まずは何も考えず、元のファイティングの中身を取り払い、レバーとボタンを載せます。

DSC03270.JPG







次に配線。GNDはこのように配線していけば問題ないでしょう。

DSC03277.JPG







GND以外のボタン、レバー操作系の配線についてはファストン端子をつけておきます。
これによってボタンの位置の変更がしやすいので必須ですね。

DSC03275.JPG







配線の数がいるので元のケーブルに加え、LANケーブルをばらして調達しています。
コンパネから2本ケーブルが出る不恰好さですが、有り合わせなので仕方ありません。

最後にJAMMAハーネスに直接配線しておしまい。
ハーネス直付けという辺りが非常に美しくありませんが、ちょうどAV7000用JAMMAハーネスのが1本残っていたのでこのコンパネ専用にすれば良いなと割り切ってしまいました。

DSC03279.JPG







こんな感じであっというまに完成。
いつもながらのアバウト工作ですが、いけるもんですね。

拍手[2回]


+ + + + + + + + + +
三和レバーを平板ベースでつけてしまうと、レバーのコンパネに出ている部分が長くなり過ぎてしまうようです。
そこで一段下げる為に曲板ベースに変えると、今度はレバーが下がった事によりレバーの下部がパネルに擦るようになってしまいます。

しかしよく見てみると、ぎりぎり床に擦れるというレベルでしたので、接触する部分に穴を開けることで対処出来ます。

DSC03278.JPG







このような感じ。
その結果、まったく違和感なくレバー操作を行えるようになりました。
なんとかなるもんですね、オススメできませんが・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可     
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
BACK HOME NEXT
プロフィール
HN:
いけだ
性別:
男性
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者ブログ // [PR]

template ゆきぱんだ  //  Copyright: WATCHER ][ All Rights Reserved